上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 えーどうもこんにちは、今回はですね5月の7、8日に岐阜県の白川郷と関市というところへ行ってまいりました。一ヶ月前ですけど(汗)何はともあれ今回はこの関フィールドワークの活動報告をしたいと思います。

 日程としてはまず、6日の夜中に出発第一目的地である白川郷へ向かいました。着いたのは7日の朝方、白川郷についてからは1名を除き小1時間睡眠をとりました。活動を開始してからは何組かに分かれ白川郷の観光兼鉈や鎌などここにしかない農具はないかと探し行動を開始しました。
白川郷全景 山の頂点には微かに雪も残っていました。
IMG_4902.jpg

 白川郷には何軒か合掌作りの家の中を見学することができ、こういうところなら何かしらあるだろうと思い最初に「和田家」という民家に入らさせていただくことにしました。因みに入場料は300円です。中に入らしてもらい1階は白川郷に住む方々の暮らし、そして「和田家」さんの歴史について展示していました。2階に上がるとそこにはここの家の方が使っていたと思われる農具が展示してあり、中には初めて見る農具もありました。(農具1、2参照)
IMG_4999.jpg
農具1
IMG_5023.jpg
農具2

 とこのような感じで農具がズラッと展示されていました。数は多かったです。他にも蚕を育てるための道具等数多く展示されていました。他にも「和田家」と同じようにいくつか観光客に合掌作りの家を一般開放している家が何件かあり、他の家々も同じような展示物がありました。
 お昼過ぎにはご飯も食べ宿を探すため白川郷を出ました。
 宿はキャンプ場になりそこでテントを張り、また何人かは車の中で一夜を過ごしました。
 7日は本命の関へ...そもそも関は刀鍛冶として約700年前から栄えてきました。今でも関ではこの刀鍛冶を行っている所もあり”鍛冶”という所ではかなり歴史のある町です。で、今回我々鍛冶屋倶楽部はこの刀鍛冶の技術及び知識を学ぼうと関フィールドワークを行ったしだいであります。
 最初に訪れた場所は「関鍛冶伝承館」を訪れました。(写真1)
IMG_5113.jpg
写真1

 ここでは関の刀鍛冶について、1階では、また刀ができるまでの工程や刀の展示がありました。実際見学すると自分が思っていたよりも刀を作るのには時間が掛かり、何よりも優れた技術が要求され、刀を作るのはやはり難しいのだなと感心しました。
 2階では刃物、主にナイフが展示されており何人かの目が輝いていました(笑)また、ここでは近々何か作ろうかと参考にしている部員も見受けられました。
 また、施設の右の建物には刀を打つ場所があり、回りはガラス張りになっており外から見学できるようになっていました。(写真2)
IMG_5189.jpg
写真2
 次に訪れたのは「刃物会館」という所です。ここでは刃物の販売がされており、また2階では刃物の展示がされていました。やはりナイフ類は高かったです...

 関では刃物祭りというお祭りが毎年10月体育の日の前の土曜日・日曜日に開催されており機会があれば刃物祭りも見に行きたいなと思いました。
 とまぁ少しガタガタになってしまいましたが、無事関フィールドワークも終わりました。ここで学んだことを活かせる日が来るのが楽しみです。

                   

                  これで終わりです、では。
                                           部員U
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。