上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都学園大学では毎年秋に「龍尾祭」という学園祭が開催されます。今年は10月29日~31日の3日間となります。
4月に立ち上がったしたばかりの鍛冶屋倶楽部も、このたび龍尾祭に参加することになりました。
先日のミーティングでプログラムが決まりましたので、お知らせいたします。

「野鍛冶のすゝめ~その仕事と歴史を追って~」

日時:2010年10月29日・30日・31日 10:00~16:00
場所;京都学園大学 悠心館Y31号教室

 かつて「むらの鍛冶屋」という唱歌でも親しまれ、日本の各地で槌音を響かせた鍛冶職人たちですが、その数は減少の一途をたどり、その中でも特に少なくなったのが、農具の製作・修理を専門とする野鍛冶職人です。
 私たち鍛冶屋倶楽部は、昨年、亀岡最後の野鍛冶職人と出会い、その仕事に惹かれて、鍛冶場の保存と活用を進めています。
 第42回京都学園大学龍尾祭では、野鍛冶の仕事とその魅力を、映像、展示、現地見学、そして職人とのトークイベントを通して、広く一般の方々に知っていただく機会にしたいと思います。

10月29~31日:展示(映像、パネル、実物)
10月30日:現地見学(亀岡市文化資料館と共催)
10月31日:トークイベント「片井さんの鍛冶屋“鉄”学」(14:00~16:00の予定)

お問い合わせ kajiyakurabu@gmail.com

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。